2004年07月24日

#2893 ミロリイ1984年7月日記 (上)


1984年6月30日(土)


明け方、芸大のKちゃん、ビデオカメラを取りにきて貸す。
そのまま寝ずに朝一で新宿の東京電力に電気代を払いに行く。
その足で大学へ。夕方までビデオ撮影。(H、C子、Kの作品の手伝い)
帰り、国立に寄る。ビリヤード屋でE、U、T田とおちあい、四つ球。
E宅に泊まる。明け方まで駄弁る。ビル・ヴィオラの砂漠の蜃気楼のビデオみたいな自然現象を、撮りたいというような話を。


1984年7月1日(日)


8時就寝、16時起床。Eと国立へ。LOFTHOUSEでKとおちあい、K宅。
24時帰宅。S輔、沙羅、T嬢がいてまたポーカーをやっている。参加せず。
小林久三「雨の動物園」読了。


1984年7月2日(月)


午後から大学。萩原共通W。サントリーのCMを観ながらコピーをつける実習。くだらねぇ。ひどい授業だ。
佐藤忠男「長谷川伸論」読了。
佐藤忠男は長谷川伸の作品の特質を、現代の人がもう忘れてしまっている明治・大正期くらいまでの庶民の精神史の発露、と分析している。そのころの大衆が当たり前のように楽しんでいた通俗的な娯楽、流行りのものの中に芸術的価値を有す「本物」がある、と。職工や商人の世界に見るべきものがあるのはわかるが、ちょっと佐藤忠男特有の語り口が気になるんだよな。
夜中、朱鷺ちゃんが来る。パンタロンのテープをダビング・加工。コネがあってロンドンのマッドネスの事務所に送るんだって。ほんとかよ。ロンドンデビューするつもりか。


1984年7月3日(火)


夕方、アテネフランセ『女と男のいる舗道』(1962年 ジャン・リュック・ゴダール)。
松波路美目撃。声はかけず。気がつかないフリをした。


1984年7月4日(水)


東大駒場、蓮實重彦映像論。
そのあとKちゃんと渋谷。


1984年7月5日(木)


朝から大学。世界美術史U、中山公男。
帰りに新宿。昭和館で『顔役』(1965年 石井輝男)『網走番外地・悪への挑戦』(1967年 石井輝男)『緋牡丹博徒・お竜参上』(1970年 加藤泰)
高倉健ってやっぱ耳がでかいよ。「お竜参上」はシリーズ最高傑作だよね。作品の強度がただごとでない。
Hさん泊まりに来る。


1984年7月6日(金)


朝、森本毅郎の「さわやかワイド」にReveR、ビデオ出演。Hさんといっしょに観る。南伸坊にこきおろされる。Hさん憤慨。
T帰省。俺は原宿へ髪を切りに。
その帰り、高田馬場東映パラス『気狂いピエロ』(1965年 ジャン・リュック・ゴダール)
2回目だが、前回観たときに10分近くも眠っていたことに気づいた。アンナ・カリーナがベトナム人風のメイクをして「ミャアミャア」言って寸劇するシーンあたり。最初にフェルディナンが着くのは誰の家かは判明していない。しかし、寸劇直後より、物語は語らされているかのように疾走を始める。表層にて滑走するメタファ、その安直さはB級映画へのオマージュ。ベティガーやラングを想起。感性的にはカリーナの登場部分で「〜の姪」と紹介され、すました16〜7歳の令嬢のイメージだが、ベルモンドが彼女を送るため車に乗せ芝居をするうちにメタモルフォセが始まり、ノーカットの数分の2ショットのうちにみるみる2人は5年前愛人関係にあったことがわかっていく。カリーナの年齢がぐんぐん上昇していく印象のところは何度見ても素晴らしいと思った。1時間50分は、しかし、長い。島に行ってからは特に退屈した。いろんなイメージを喚起する映画ではある。いくつものレヴェルで映画を楽しむことができる。
帰り、高円寺の沙羅ちゃんち。そこから中野ブロードウェイの非合法ポーカーゲーム屋へ。Sがプロのばくち打ちとポーカーをするのをはたから見物。しかし、こんな店よく許されているなぁ。


1984年7月7日(土)


夏休み前、最後の授業。
帰り、打ち上げ。


1984年7月8日(日)


一日中、家。夕方からいつものメンバーがやってきて夜っぴでポーカー。5000円負ける。


1984年7月9日(月)


20時、六本木カプッチョでEとUと待ち合わせ。
22時、俳優座シネマテンでブルータス座『マルクス二丁拳銃』と『マルクス・デパート騒動』の2本立て。終電がなくなったので歩いて帰る。2人泊まる。
(つづく)
posted by mogumogu at 19:45| Comment(8) | TrackBack(1) | 身辺雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月24日

#2837  週末は家に帰らずずっと仕事をしていました

生きることは恥ずかしい。
記録することはもっと恥ずかしい。
(ミロリーヌ・パッポン1)


2004年5月24日(月) 
@起床時刻
0:27A.M.(3時間ほど会社の休憩室で仮眠)
A今日の画像
nothing
B買い物の記録
磯崎新+福田和也『空間の行間』(筑摩書房)
KAWADE夢ムック 文藝別冊・淀川長治(河出書房新社)
ポルトガル語会話「決まり文句」600(語研)
C読書メモ(キーワード・インスパイア)
本のタイトルが「空間の行間」とは酷すぎる!だが内容は最高に知的スリルに満ち溢れ超面白い。長らく読んでいなかった福田の『日本の家郷』とあわせハワイに持っていこうかな。飛行機の中でも集中して読めそうだ。
D今好きな有名人(思いつくまま羅列)
たかの友梨、高畑淳子、酒井啓子(中東ウォッチャー)
(熟女マニヤの変態ですv)
Eファミレスで隣りの席から聞こえてきた会話の内容
(昭和通り、銀座6丁目のデニーズにて)
(1)綾瀬の三井住友銀行はいつ行ってもATMが長蛇の列でどうしようもない。なんとかならないか。
(2)綾瀬のXXX銀行は支店の統廃合か何かで潰れてその店舗がドンキホーテになるらしい。今、黄色い壁を塗っている。近々開店か。
(OL風4人組。ジャニーズおっかけ話をしていたところから見て世代的には20代後半のSMAPファンみたいだった)
Fノート
昨日の日曜日、銀座2丁目付近を物件調査中、社長から携帯にテレが入り、至急ピエスモンテで5000円のクッキーのセットを3個買って、築地のXXXという料亭に持ってきてくれ、との命令が。接待中のお客さんにお土産として渡すらしい。ピエスモンテって確か休日は休みだと思ったのだが、仕方なく指示に従いコンビニでお金を下ろして銀座8丁目のピエスモンテに歩いていってみた。すると悪い予想があたり店は休業。社長にテレすると今度は会社に戻って新茶と急須のセットを3セット持って、新橋のVIEW PLAZAで成田エキスプレスの指定券を買って持ってきてくれ、と指示が変更。もちろん口には出さなかったが「ざけんな、このタコ!」状態だったことは言うまでもない。執事か召使いかっつーの。霧雨そぼふる夕方の銀座、あちこち動き回りましたわ。
G最終更新時刻
2004/05/24/02:48


[関連記事]
#210(同様の手法で書いた日記/2000年12月4日)
posted by mogumogu at 11:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 身辺雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

#2838 今いるところの確認

暮らしの中にパーソナルコンピュータとりわけインターネットが入ってから自分の生活習慣はまったく変わった。私は会社で仕事をしているときも家にいるときも、ずーっとネット画面を開きっぱなしにしている。会社ではIEのブラウザを開きながらエクセルやアクセスやパワーポイントを使ったりするし、自宅でも部屋にいるときはネットをしながら本を読んだり食事をしたり電話をかけたりチャットをしたりTVを見たりするのが当たり前になっている。おそらくそのせいで書店やレコード屋に行く回数は激減した。買い物すらもネットで済ませてしまう。

このような生活をするようになってから5年ほど経った。その間私は「WEB日記」という自分の居場所を作り、そこを中心にして情報を整理したり考えをメモしたりまた何がしかの意見を発信したりしている。
(2004/05/25/10:37)
posted by mogumogu at 10:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 身辺雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月21日

#2831 銀座

今朝家を出たときには台風2号接近による雨が降っていたが電車を下りて会社に着くころには晴れていた。空気が澄んでとても気持ち好かった。思わず写真を撮ってしまった。
もうすぐ入梅、そして夏になる。(2004/05/21/15:50)

[追記]
朝5時半頃犬の散歩に出ようと家を出たら、雨風が強くて犬が怖がりウンともスンとも動かなくなってしまった。こういうことって珍しい。雷も怖がらない犬なんだけどな。
posted by mogumogu at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 身辺雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月14日

#2807 F7

WINDOWSの「F7」ボタンがカタカナ変換だということをNHKのパソコン番組で初めて知ったミロリィでした。PC歴もうすぐ10年なのに(爆)。
(2004/05/14/10:01)
posted by mogumogu at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 身辺雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

#2806 いとこのこ

駅前でぐうぜん従姉妹とその娘(年齢2歳)に会った。この子はなぜだか知らないがミロリのことを見るといつも泣き出すので内心びくびくしたのだが、今回は泣かなかった。すでに社会性を身につけているのだろうか。
(2004/05/14/09:50)
posted by mogumogu at 09:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 身辺雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月13日

#2804 BUD GIRL

今朝新橋駅前でバドガールがチラシを配っているのに遭遇した。来週銀座にバドワイザースタジアムがオープンするのでそのデモンストレーションらしい。朝から目の保養になった。っていうか、ちょっとラッシュアワーの新橋駅にはバドガールはミスマッチだったけどね。
それにしてももうビヤガーデンの季節だねー。「ビール、ビール、ビール、ビール」って思わず走り出したくなるよ。
(2004/05/13/20:13)
posted by mogumogu at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 身辺雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2001年03月10日

#434 もらいXX。


ともだちっていいですね。ほんとそう思います。
さて、共通テーマ「ともだち。」ですが、今さっきとれたてのネタをここに披露いたしましょう。
春は出会いと別れの季節です。今日はキャバクラ嬢の送りの仕事で「出会い」がありました。横須賀在住、高校出たての18歳の女の子です。地図で見てもらうと分かりますが、横浜から横須賀まで、けっこうな距離があります(20kmくらい)。
横浜市内の子を送った後、最後にその女の子を送りました。
話をしていると、突然その子が

「…あのぉ、実は気持ち悪いんですがぁ、トイレのあるコンビニ寄ってもらえ…」

と言うやいなや、咳でむせてしまったんですね。その直後。
咳といっしょに出してしまったんです。
ゲロを。

馴れない接客の緊張の糸が切れたのでしょうか、嘔吐してしまったのでした。
近くのコンビニに停めて、彼女をトイレに連れていき、しばらく休ませました。
すると、ミロリイもおかしくなってしまったのね。
気分が急に悪くなって、トイレで吐いてしまったの。これがほんとの「もらいゲロ」だ(笑)。
なんか彼女とともだちになれたような気がしました(笑)。すいません、汚い話題で。


=================キリトリ線=====================

ここから下はゲロが嫌いな方は読まないでください。
ミロリイは別にゲロ好きではありませんが、昔から大酒飲みでしたので、
ゲロとは深い因縁があります。
いろんな体験から得た教訓は、

「ゲロは我慢するな。ゲロはすぐ吐いてしまえ」

ということです。だからゲロに抵抗はないんですね。
だから、ちょっと食べ過ぎたなぁと思ったら、すぐトイレに行って、ゲロ。
すると頭がしゃきっとします。胃に入ってまだ時間が経っていないので喉を逆流しても苦くないし。ぜんぜん大丈夫(何が!)。

本当に汚い日記ですいませんでした。どうか「もらわれない」でください。
posted by mogumogu at 06:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 身辺雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2001年02月14日

#358 「バレンタインデイに俺、なにやってるんだろ・・・」


2001年のバレンタインデイのミロリイの行動記録。

午前9時、銀座での仕事が終わり、すぐ田町の大人のおもちゃ問屋へ。
「美少年」7個、「クロちゃん」4個、「カラーローター」10個、「王冠」15個、「とびっこ」3個、「愛の水中花」3個、「ミニぺぺ」20個を購入。
自分の持っていったナイロンバッグに入りきらず、紙袋をもらう。かさばってしまう。
あらためて日記に書いてみると、「俺、なにやってるんだろ…」という気持ちになる。
ミロリイがやっているいくつかの仕事の中でもっとも変わった仕事。もう3年ほど、月に3日くらい、やっている。が、すっかり日常の風景なので、あらためて日記に書く気も起きないのだ。よくよく考えるとあまり人がしない仕事だよね。
もともと知り合いの会社社長に委託されてやっていて、関東にある5つくらいのラブホテルにおもちゃを卸したり、部屋にあるゲーム機に入ったお金を回収したりしている。
この前は社長にパウチ(ラミネート加工)を依頼されて、伊東屋(文具店@銀座)に行ったんだけど、原稿はバイブレーターのカタログだったのは超恥ずかしかった。応対のおねえちゃんの顔色が一瞬、こわばったもんな(笑)。あれはぜったい、あとで話のネタにされているって。


そんなこんなで、今日は埼玉県所沢市の西武ドームの近くにある某ラブホテルに電車を乗り継いで行く。
ここは三ヶ島(みかしま)という地名。余談ながら、こないだ書いた左ト全が生まれた場所である。彼は三ヶ島一郎というのが本名である。(ほんっとに役に立たないミクロな知識だね)早稲田の所沢キャンパスのすぐ近く。
なんとか紙袋が破れておもちゃをぶちまけて恥ずかしい思いをすることだけは回避できてよかった。
おもちゃを納品。在庫の確認等30分ほど滞在。
で集金も終わり、帰る段になった。するとホテルの経営者の奥さん(50歳くらい)に「はいこれ」と義理チョコをもらいました。
今年初めてのチョコレートである。おとついのデートでももらわなかったチョコレート。ミロリイは「共通テーマ」に参加できないなぁ、と思っていただけに、とってもうれしかった。しかし同時にまたさっき書いた言葉が頭をかすめたのも事実なんだ。
「バレンタインに俺、なにやってるんだろ…」*ってね(とほほ)。

*『BROTHER』(2001年 北野武監督作品)で最後出てくる台詞から引用しました。
(2001/02/14/17:22)
posted by mogumogu at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 身辺雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。