2004年04月27日

2003年06月03日

#2094  裏ビデオ


社内のレイアウト変更に伴う什器の移動中、会長の処分するゴミの中から大量の裏ビデオが出てきた!その数なんと段ボール4箱分!古株の営業マンに聞くと、以前は裏ビデオをお客さんに配って営業していたんだって。そしたら年上の同僚のYさんが「20年くらい前はNECでもそうだった」と爆弾発言を。昔はエロビデオが希少価値があったからまだ喜ばれていたらしい。
しかしそれにしてもロクな業界じゃないよ(笑)。それをすぐにディスクロージャーしてしまうミロリィも(爆)。さすがに旧作なのでもう販促品にはならないよなぁ。どう処分しよう。
(2003/06/03/20:51)

2002年05月08日

GIRL:: #1274 TATOOあり

ちょっと前、勤めているキャバクラの女の子たちと遊びに行ったの。1次会洋風居酒屋で2次会がカラオケだった。そこでびっくらこいてしまった話。最近入った19歳の女の子、育ちがよさげでフェリス女学院の裏に住んでいる、正真正銘のお嬢様なんだけど。・・・・これがあったんですね、彫り物が。二の腕の肩の近く、薔薇の花びらが。暑くてシャツを脱いでタンクトップになったとき目撃しました。店の子は皆知っているらしく何も言わなかったけど気になってねぇ。でも怖くて聞けなかった(小心者)。ねぇ、最近のUNDER20は皆そうなん?
(2002/05/08/20:37)

2001年03月13日

FETISH:: #444 Milolii in BONDAGE


一時期PVC素材の洋服に凝っていたことがあった。いわゆるボンデージファッション。
とあるショップに通ううち、その店の人たちと親密になり、秘密のパーティーなどに誘われるようになった。
クラブに行き、フィッティングルームで着替えとメイキャップを入念に施す。みるみるうちに変態な気分が充満し、どんな些細な刺激にでもピクっと反応するマゾの女の子ができあがっていく。
その日は金髪のWIGは持っていかなかったので、男装の麗人の設定で自分はみんなの前に現われたの。
みんなの好奇な視線に、どきどきの自分。右手首の動脈がしびれてきた(これがエロエロの合図)。
フロアーはまだ人がまばらで、奥のほうにそのほうの趣味の人、こちら側にコスチュームを着てこない、ただの客がいたの。
……さんというパーティーのオーガナイザーの女の人に真っ赤な薔薇の花束を持ってきたの、それを持って奥のほうへ歩いていったわ。みんなの視線を感じながら。
フロアの中央にさしかかったところで、ある女の人に呼びとめられたの。上品な顔立ちをしたスパンコールのはいったコスチュームを着た綺麗な女性だった。
「その薔薇。わたしに呉れない?」
唐突な言葉に息を呑む間もなく、薔薇の花束を取り上げられてたわ。
「この薔薇、どうしたいの?えっ?言いなさいよ」
と言う間もなく、彼女に足を払われその場に倒されてしまったの。
それからみんなの見ている前で、SMショーが始まってしまったわ…。
花束から一輪薔薇を取りだし、寝ているミロリイを愛撫する。
ある一点を執拗に撫でる。
「ほんとにこの子ったら、イケナイ子なんだから」
言葉に反応して、その場所は形を変えてしまった。

(to be continued)

(2001/03/13/14:04)

FETISH:: #445 Milolii in BONDAGE 2


それからあとのことはあまり覚えていない。
覚えているのは、彼女から薔薇の花弁を口に押し込まれたことと、
薔薇の花束を鞭に替えられて、めちゃめちゃ叩かれたこと。
四つん這いになって彼女のハイヒールに口づけをしたこと。
彼女の唾液を空中から垂らされて飲んだことくらい・・・かな。

その間何分間くらいだったろう。3分間か10分間か、分からないほど意識が遠くなっていた。
陶酔しきっていたよ。まさに「射精なきエクスタシー」だった。
ただ最後に彼女が、にこっと微笑んだ。
あ、これがこのゲームの終わりなんだ、って理解したとき、
とってもMとして調教されたということを知り、うっとりしました。

起き上がりフロアを逆戻りすると、一緒に行った友だちがあぜんとしてミロリイを迎えたことを覚えている。みんな「こいつ、やっぱり変態だ・・・」って顔してたね(笑)。

今思い出したけど、そのあとBONDAGEのVIDEOを制作するんで、ミロリイも出演してほしいって言われたときにはさすがに断りました(爆)。でも出演していたら、ドイツとかに輸出されていたかもしれない。トランスセクシュアルで女装癖のあるオカマのボンデージビデオ!
まあ、運命のいたずらかそっちの方へは行かずに、こうやってWEB日記を書いていますけど(笑)。
(2001/03/13/23:47)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。