2004年05月20日

#2827 石原慎太郎 「北方四島の国後か択捉を割譲してパレスチナ人に住まわせよ」



5月3日の産経新聞の1面に載っていた。月1回石原慎太郎が「日本よ」というエッセイを発表していてそれをぐうぜん読んだのだ。あまりの荒唐無稽さに思わずスクラップしてしまったよ。っていうかこの人、本気でこんなことを考えているのだろうか。だとすると恐ろしい。これは政治家の想像力というよりも作家の想像力だ。
(2004/05/20/12:50)

2004年05月14日

#2808 Chiang Kai-Shek

映画『ラスト・エンペラー』を最初に英語版で観たときにいちばん耳に残ったのが「チャンカイ・チェック」という言葉だった。どういう意味なのだろうとずっと思っていたが、日本の映画館で字幕版を観た時に疑問は解消された。

チャンカイ・チェック=蒋介石だったのね。

それにしても「しょうかいせき」という日本語読みの響きのハードさに較べてなんという柔らかく茶目っ気のある語感なんだろうと、当時は思ったものだった。
(2004/05/14/10:04)

[関連記事]
#2674 周恩来・キッシンジャー機密会談録
バンコク旅日記2(DAY1-4)

2004年05月13日

#2805 ある思考実験

不図思いついたこと。

戦争のニュースをコピぺして、固有名詞の部分に自分の身近な地名や大切な人の名前、物の名前に入れ替えてしまう。たとえば

  
聖地で戦闘続く=民兵と米軍、廟挟み対峙−イラク

 【カイロ13日時事】イスラム教シーア派強硬派の民兵組織「マハディ軍」と米軍との戦闘が続く中部の聖地カルバラでは13日も交戦があった。死傷者の有無は不明。
 カルバラやその南方にある聖地ナジャフなどではこの数日、断続的に激しい戦闘が発生。カルバラでは12日朝にかけての戦闘で、民兵側が少なくとも20人を殺害されるなど、劣勢に立たされている。
 ただ、民兵を率いるサドル師は抵抗をやめる意思を見せておらず、民兵と米軍は依然として、市内にある2つの廟(びょう)を挟む形で対峙(たいじ)している。 (時事通信)







聖地で戦闘続く=民兵と米軍、廟挟み対峙−日本

 【東京13日時事】国粋右翼強硬派の民兵組織「国龍武烈軍」と米軍との戦闘が続く京都では13日も交戦があった。死傷者の有無は不明。
 京都やその南方にある聖地奈良などではこの数日、断続的に激しい戦闘が発生。京都では12日朝にかけての戦闘で、民兵側が少なくとも20人を殺害されるなど、劣勢に立たされている。
 ただ、民兵を率いる鈴木邦男氏は抵抗をやめる意思を見せておらず、民兵と米軍は依然として、市内にある2つの廟(びょう)を挟む形で対峙(たいじ)している。 (時事通信)



(2004/05/13/23:21)

2004年05月09日

戦争:: #2792 江畑謙介 (軍事評論家)

軍事評論家の江畑謙介は三菱自動車のデボネアに乗っていると噂に聞いたことがある。それはおそらく親会社の三菱重工が国産の武器兵器メーカーとして日本の防衛に多大な貢献をしていることへ敬意を表わして、というのが噂の大きな理由だが。
でも実際のところどうなのであろうか。
(2004/05/09/16:25)

[関連記事]
#1956 江畑謙介

Google:

2004年04月26日

戦争:: #2766 戦友の遺骨を抱いて



森繁の『大遺言書』に1942年のシンガポール進攻の際のことを歌った歌が紹介されていた。森繁は『七人の孫』の空き時間にこの歌を繰り返し歌い、決まってある個所で涙したそうだ。
戦争はそれが行なわれる当初は大儀名分、正当な理由などによって国の意志として断固遂行されるが、敗れた瞬間にそれらが正当ではなかった、間違ったものであった、と全面否定される。そして戦争に駆り出された兵隊までもが断罪される。だれが好き好んでシンガポールなど進攻するだろうか。彼らの流した血、母国に捧げた魂を鎮魂することがなぜ反動といえようか。
そんなことをふと、思ったりした。
(2004/04/26/15:33)

[関連記事]
#2537 『大遺言書』(語り・森繁久禰 文・久世光彦)
マレー半島縦断旅日記 (DAY2-3) KRANJI BEACH BATTLE〜日本軍上陸地点

2004年04月16日

(DAY5-2) 台湾



台湾接近中。


[関連記事]
#2674 周恩来・キッシンジャー機密対談録
バンコク旅日記2 (DAY1-4) 蒋介石国際空港

2004年04月09日

#2737 日本国旅券 1ページ目の文言

日本国民である本旅券の所持人を通路故障なく旅行させ、かつ同人に必要な保護扶助を与えられるよう、関係の所官に要請する。

日本国外務大臣

#2733 今回は「人の命は地球よりも重い」と言うのか言わないのか

1977年のダッカ事件で日本赤軍の脅しに屈して身代金と刑務所に収監されている同志の釈放という要求をすべて呑んだ当時の日本政府福田赳夫首相が言った言葉を思い出した。その息子が27年後同国の官房長官となって人質事件の記者会見にのぞんでいた。
(2004/04/09/03:56)

[追記]
しかしアルジャジーラで放送してから3日のうちに自衛隊を撤退させろって言うのは土台無理な話なのではないか。ふつうドラマや映画だと脅迫というと、1回目は支払不可能な身代金をふっかけておいて、2回目は現実的な線での接触があるんだけどね。そのとき事件解決の糸口が出てくるの。でも今回はビデオと手紙だけだからね。3日で居場所はつきとめられるのは難しい気もする。いくら親分のアメリカにすがりついても。(2004/04/09/04:13)

[追記2]
テレビ東京のニュースで流れた未確認情報。拘束されていたが何らかの理由で解放された韓国人牧師7人が同じバスに3人の日本人も乗っていたと証言したという。(2004/04/09/11:31)


[関連記事]
#2730 <イラク>日本人3人が人質に 自衛隊が撤退しなければ殺害すると警告

no-title


宮内勝典 「海亀日記」2004年4月8日の項をばっすい。
http://pws.prserv.net/umigame/                
 

 ―――――――――以下、転送歓迎します―――――――――

                         04.04.08

                

 イラクで三人の日本人が拘束された。三日以内に自衛隊を撤退させなければ、その三人を殺すという声明が出されている。ついに、この時がきた。日本政府がどう決断をするか、すべてがそこにかかっている。

 ここが分水嶺になるだろう。

 自衛隊を撤退させたほうがいいと私は思う。むろん「テロに屈した」と国際社会の笑いものになるだろう。それでもかまわないじゃないか。世界史のテーブルに対して、経済大国・日本はこれまでどんなヴィジョンも理念も示した得たことがない。

 イスラエルが、ハマスの指導者をミサイルで暗殺したとき、国連は非難決議を取ろうとした。日本政府の答えは「棄権」であった。日本とはそういう国であると見なされているはずだ。自衛隊を撤退させるという腰抜けぶりをさらけだすことが、唯一、日本が世界に示しうるヴィジョンのように思われてならない。私たちは、笑いものになろう。積極的に笑われたほうがいい。笑われながら、覇権主義とは異なるありようを示せばいいのではないか。

   ――――――――――転送歓迎、ここまで―――――――――
font

2004年04月01日

#2707 菅直人

《菅直人》と《管理人》って似ているなぁ。ふと思った。(2004/04/01/07:51)

2004年02月13日

戦争:: (DAY2-3) KRANJI BEACH PARK〜日本軍上陸地点 (MPEG ver.)



WARNING BEWARE OF CROCODILES


クランジビーチ公園。対岸はマレーシアのジョホールバル市。
「ワニに注意」というのは南方ならでは。かなり風が強かった。ジョホール水道は潮が速いという印象をもった。
ここは第2次世界大戦中、日本軍がシンガポール上陸作戦を敢行した場所である。







[資料・1942年2月10日、シンガポール・クランジ海岸の戦い〜石碑より採取]

1942年2月10日朝、侵攻する日本軍が干潮に乗じてこの海岸線に上陸した。昆に足をとられた将兵らは英軍が流した油の中で立ち往生した。第1陣は英軍が油に放った火にたっと撃退された。
しかし、サリンブンとジュワンに上陸しつつある日本軍に退路を断たれる恐れから、英軍連合部隊に南方退却が命じられた。こうして日本軍は上陸を果たし、シンガポール侵攻の足場を固めた。

2003年03月21日

#1959 WAR IS OVER ! IF YOU WANT IT.



(2003/03/21/21:49)

[関連記事]
#1203 MESSAGE IS MEDIA

2003年03月19日

#1950 イタミノキオク/コロサレルシュンカン

9歳くらいの頃、喧嘩をしていて、ちょっと離れた位置から相手が投げた石が顔面を直撃し、倒れて病院に運ばれたことがある。幸いにして当たった個所は急所をはずれ、目鼻耳口ともに形は変わらず、現在も五体満足である。しかし、倒れたときに頭を強打して、耳の後ろに少しハゲができた。

石が当たる寸前の刹那(せつな)のことを今でもよく覚えている。
時間感覚が急にスローモーションになり、だんだん視界の中に石が大きくなってきて「あ、当たるな」というようなことを思うや否や、激しい衝撃が頭部を襲った。

テリー伊藤は70年安保時、神田神保町のカルチェラタン闘争に参加中、投石が顔面(特に目)を直撃し、現在のあの形相になってしまったらしい。

もし射殺されるとしたらこのスローモーションな時間感覚が現れてくるんだろうな、と思う。追突事故をしたときもスローモーションになった。

命乞いをして相手に許されず殺されるのは絶対に嫌だな。ルワンダ大虐殺のときは、街中のあちこちでそういう悲惨な光景があったらしい。関東大震災のときデマによって朝鮮人の人びとが虐殺されたときのように。千田是也!!(知ってる?)

戦争に行ったことはないし外国から侵略されたこともないのでよくわからないけど、殺人者が自分を殺そうとやってくるわけだからね。そのときは武器を取って戦うだろうね。当然やられたら痛いだろう。創傷、裂傷・・・・・・。

侵略される身になって戦争について考えてみなければ戦争はわからない。
(2003/03/19/23:08)

2002年11月26日

#1717 日本人に聞く「中国人でまず思い浮かぶのは?」中国人に聞く「日本人でまず思い浮かぶのは?」



1997年9月22日朝日新聞東京本社朝刊12版より 。日中共同世論調査をやったのだそうだ。面白い結果が出ていたので紹介する。














日本人に聞く「中国人でまず思い浮かぶのは?」

(1)毛沢東(789人)=
(2)讃・拭ハ309人)
(3)周恩来(116人)
(4)江沢民(89人)
(5)蒋介石(51人)
(6)李鵬(33人)
(7)孔子(24人)
(8)諸葛孔明(16人)
(9)孫文(14人)
(10)楊貴妃(10人)
(10) テレサ・テン(10人)
(10)ジャッキー・チェン(10人)
(13)周富徳(9人)
(14)溥儀(8人)
(15)始皇帝(6人)
(15)アグネス・チャン(6人)
(17)李白(5人)
(18)劉備(4人)
(19)魯迅(3人)


中国人に聞く「日本人でまず思い浮かぶのは?」

(1)東条英機(331人)
(2)山口百恵(276人)
(3)田中角栄(249人)
(4)橋本龍太郎(180人)
(5)山本五十六(144人)
(6)岡村寧次(99人)
(7)高倉健(78人)
(8)松下幸之助(42人)
(9)酒井法子(35人)
(10)明仁天皇(34人)
(11)竹下登(33人)
(12)中曽根康弘(31人)
(13)村山富市(30人)
(14)おしん(23人)
(15)三浦友和(23人)
(16)裕仁天皇(22人)
(17)天皇(20人)
(18)小山ちれ(14人)
(19)藤野巌九郎(7人)
(19)松井石根(7人)

個々人の分析と感想についてはまたあとで書きますので。(つづく)
(2002/11/26/15:33)


最初に日本人が思い浮かべる中国人についてだが、これはよくわかる。出てくる固有名詞の出自来歴など御馴染みでほとんど知っている人ばかりだ。
ところが中国人が思い浮かべる日本人については、日本人のミロリィから見ると奇怪としか言いようのない順位になっている。日中戦争&第2次世界大戦当時の軍人の名前が何人もランクインしてくるとは思わなかった。岡村寧次、松井石根、検索して初めて知った名前だよ。いくつかサイトをめぐってみて原因を推測してみようとしたがよくわからなかった。このサイトに書かれていることが要因の一つである気はするのだが。
つまり「中国革命史」という中国の高校の歴史教科書に日中戦争の記述が多く割かれ、そこに出てくる日本軍軍人の名前というわけである。1997年の世論調査で中国10億人の中からどういう層が抽出されたのかわからないが、リアルタイムで彼らに接した人間はもう少ないと思うんだよね。だとすると、歴史で習って知っていると考えるのが妥当だろう。
山口百恵や酒井法子が上位に入っていたり、「おしん」というドラマのキャラが入っているのは「TV」という日本文化の輸出として現象的に理解できる。現代日本の首相がランクインしているのも当然といえば当然。18位の小山ちれは卓球選手で日本に帰化した人だね。
(2002/11/26/23:52)

2002年09月30日

#1600 関が原の戦い 島津敵中突破



日本の歴史の中でそのアクションシーンが最もヴィジュアライズされる出来事のひとつとして、関が原の戦いにおける島津家軍勢1500名の前代未聞の前進退却・敵中突破の図があげられると思う。大将・島津義弘を守るために1500名の家臣団が捨石になって、東軍の徳川方の陣地を強行突破していった。最後には数十名の手勢しか残らなかったという。そして命からがら薩摩に帰還していった。以前NHKの『歴史への招待』で紹介されているのを観て興味を持った。[#1600]ということで関が原を思い出し、書いてみました。
(2002/09/30/13:58)

2002年05月22日

タレント・芸能:: #1319 『発掘』(浅草キッド) 『爆笑問題の日本原論世界激動編』(爆笑問題)

お互いライバルと認め合う実力派漫才師による同じような内容の本が、期せずしてほぼ同時に出版された。20世紀末から21世紀初頭にかけての世界の事件・出来事を切り取った「時事・ニュース」物。ミロリィは2冊の本を同時に買って読んでみた。感想―――この3年間くらいに起こり、解決もされずに風化し、見事に人の心から忘れられている事件ってこんなにたくさんあるんだ、と。
たくさんありすぎてげっぷが出そうなくらいだが、その中で完全に記憶の中から忘れ去られていた事件をいくつかあげてみる。


1999/07/10「噂の真相」誌が、タレントや業界関係者などが参加した乱交パーティーを暴露。
1999/11/18バラエティー番組「愛する二人 別れる二人」、やらせ問題で番組打ち切りに。
2000/02/01観月ありさの母親が覚せい剤と大麻所持の現行犯で逮捕されていたことが発覚。
2000/03/07ネプチューンの名倉潤、六本木のカラオケ店で、女性に対しハレンチ行為を働いた疑惑浮上。
2000/10/04田代まさしが女性のスカートの中をビデオカメラで隠し撮りしようとした事件が明るみに。
2000/11/05藤村信一による石器捏造事件。日本の歴史研究を根底からくつがえす事態に。
2000/08/12森善朗首相の買春検挙歴が「噂の真相」「週刊現代」で報じられる。



あったねぇ、乱交パーティー。『ワンダフル』に出ていたあのアナウンサーは今どうしているんだ?そして、今でも覚えているよ、ストップウォッチで30秒の時間を計ったKH。あの事件で名前の出た男性芸能人はまだ全員現役じゃん。だれも辞めていないんだよ。不思議。あ、レイプ疑惑、ちなみに名倉は不起訴だったよ(笑)。事件のあった六本木のカラオケ屋はミロリィの知り合いがスタッフで携わっている店で、当時は仲間内で話題になったものだ。「にんじんスティックXXXにXXしたらしい」とかね(いやん、下品)。この他にもサッカー日本代表の柳沢敦が規則を破って無断外泊し、代表メンバーの座をはずされた事件など印象に残っている。(相手は梨花だっけ?)もちろん上記以外にも悲惨な事件は山ほどあり、特に殺人事件は未解決なものが多く、陰鬱な気分にさせられる。で、どちらの本も漫才の口述風の記述を選択している。同じ事件に対しても切り口や話題の展開の仕方が違っていて非常に面白い。ただ2001年9月11日のアメリカの同時テロ事件には、両者とも歯切れが悪い言葉しか出ていない気がした。ドキュメントとして見た場合、芸人が圧倒的事件の前で言葉を失うという姿は、後世の読者にとって資料的価値を有するのかもしれない。いずれにしても、2002年5月21日現在、事態はなお流動的に進行中で、世界はどう転んでいくのかだれにもわからないのだが。
(2002/05/22/01:47)

[追記]
フジテレビの『愛する二人 別れる二人』は大島渚の息子がディレクターをやっていた記憶がある。彼は嫌気がさして退職してしまったらしい。(2003/08/17/12:35)

2001年12月08日

#578 サンフランシスコ講和条約、日米安保条約に関するメモ。

#575で飯澤匡の原爆の写真について書いたが、日本の主権が回復された条約、サンフランシスコ講和条約と日米安保条約についてのメモを書いてみた(自分のための覚え書き)。


1951年9月8日、サンフランシスコ市内のオペラハウスで調印され、1952年4月28日発効した。アメリカなど48カ国の対日平和条約で、正式名称はTreaty of Piece with Japan.対日政策を冷戦外交の一環として重視するアメリカにより提唱された。日本は朝鮮・台湾・南樺太・千島の領土権を放棄し、沖縄・奄美大島・小笠原諸島を暫定的にアメリカの施政下におくことが決められた。講和会議には52カ国が参加し、うちソ連・ポーランド・チェコは署名を拒否。中国・朝鮮は招待されず、インド・ビルマは参加を拒否した。


日米安全保障条約も同時に調印・発効された。
これはアメリカと日本の軍事的関係を規定した内容で、アメリカ軍が日本に駐留し、内乱と外敵に対し安全を守ることを基本にし、日本の自衛力増強を期待した無制限かつ片務的な条約である。これ以後国際社会における日本の位置や進路は超大国アメリカの戦略的要請に沿うことになった。

(2001/06/07/05:20)

#649 『戦後民主主義とそこから生じる偽善』三島由紀夫(1970)

「無機的な、からっぽな、ニュートラルな、中間色の、富裕な、抜目がない、或る経済大国が極東の一角に残るであろう」


30年後、預言は成就した。
(2001/06/26/19:22)

2001年06月26日

戦争:: #644 身近にあった戦争

八路軍のことは猛烈に興味があったので、こんな身近に関係者がいたことにビックリ!Yさんは50歳、1950年生まれだから当然お父さんは戦争へ行った世代なわけね。いったい大陸では何が行なわれていたのだろうか。今度話を聞きに行こうかな。
(2001/06/26/09:50)

2001年05月21日

虐殺:: #541 ツールスレーン虐殺博物館@プノンペン


昨夜会った友達の女の子から聞いた話。

彼女が以前プノンペンの虐殺博物館(ポルポト時代の圧政を告発する資料館)に行ったところ、拷問を撮影した写真が大量に展示されていて、一説によるとその中に日本人が撮っていた写真もあるらしい、という話を聞きました。(確証があるわけではありません)

写真って撮影者の視線や感受性、思想まで反映されあらわになってしまうということなのでしょうか。国籍までもわかってしまうということなのでしょうか。日本人が撮ったかどうかは断定できないけど、当時のポルポト政権に近いところに日本人がいてもおかしくはないと、彼女は言っていました。

その話を聞き、写真に限らず、文章にもその人の人となり、品性が出てしまうということに気がつきました。

それにしても170万人もの人が殺される国ってなんだ??…と彼女と話しながら考えさせられたのでした。人間のすることって……。

(2001/05/20/15:03)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。