2004年07月19日

#2878 Hyppolyte Taine (1828-1893)



大学時代、中山公男先生の西洋美術史の授業でもっとも印象に残っている人。
フランスの美術史家。文学より転ズル。

"Philosophie de l'art"
一人の作家を、その作家の環境、時代性(実証的アプローチ)、カタログ作製(Inventaire Catalogue)、財産目録などから研究した。
中世より連綿と続くフランス王侯貴族の財産目録の記録方法が以後のフランスやイギリスの美術史学の礎となった。
その方法論として―――
Catalouge reasonne(類別全作品目録)。一人の画家に対して数人の美術史家が作る目録。
それは日本人がイメージする「カタログ」の概念とは大きく異なる。現在にいたるまでヨーロッパでは新刊をおろすことよりも展覧会のカタログを監修することのほうに価値と評価が置かれる傾向が強い。

≪題名≫
たとえば「印象派」の先駆的作品として史上もっとも有名なタブローのひとつ、クロード・モネの『印象・日の出』がカタログに監修されるまでには気の遠くなるような多くの研究と解釈・議論などを経て、その定説を醸成していった。『印象・日の出』は『印象・日の入り』であったかもしれなかった、という。絵の題名でさえ、人によって解釈の誤差が生じ、美術史家が鑑定していく際の困難を与える。

≪来歴≫
シャガールやキリコなどの作品において見られる例として実作者自身が判定するのではなく遺族が鑑定する場合に、しばしば本人作か否かの承諾が食い違うケースがまま、あった。

≪署名≫
フェルメールの作品に顕著なのだが、作品完成当時のネームバリューの関係で本人の名前とは別の名前を署名するケースがあった。

その他≪素材≫≪大きさ≫≪年記≫≪記名≫≪展覧会歴≫≪文献≫など。
19世紀は印刷技術が進展しておらず図版が悪かったので著述が非常に重要であったのである。つまり絵画を言語によって著述するということであるからそれがどれほど困難な作業を伴うものかは想像するにあまりあるだろう。そしてついにはiconographie、iconologieへ展開していくのである。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/312615

この記事へのトラックバック

CasaBRUTUS特別編集 新装版・20世紀の三大
Excerpt: 最近、インテリアデザインが静かなブームである。ル・コルビュジェ、ミース・ファン・デル・ローエ、フランク・ロイド・ライト…。彼らはもう亡くなってしまった人ばかりだが、その作品は今も現存し、多くのファンに..
Weblog: 西洋美術史のレビュー
Tracked: 2008-02-23 23:18
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。