2002年11月22日

#1708 永井博(グラフィックデザイナー、イラストレーター、ソウル音楽愛好家)

永井博がラジオのインタビューで興味深いことを言っていた。

山下達郎の1982年発表の『FOR YOU』は最初、永井のところにオファーが来ていたらしい。ところが、前年発表の大瀧詠一の『A LONG VACATION』がバカ売れしてしまったものだから、キャラがかぶるのを怖れて山下のスタッフサイドはオファーを引っ込めてしまった。そして、鈴木英人のあの有名なイラストレーションが生まれたのだという。

へぇー、初めて知った。歴史の偶然なんだね。『FOR YOU』はかなり聴いたけど、永井博のイメージじゃないよな。
ちなみにミロリィが美大生だったころ(1982〜86)は湯村輝彦の「ヘタうま」イラスト全盛期で、イベントなんかミーハーでよく観に行っていた。そのとき永井さんもたまに来ていて、2人のソウルR&B話をえんえんと聴かされたものだった(笑)。湯村さんと会って黒人音楽にイレこまなかったのは糸井重里だけって伝説があるくらい(爆)、湯村輝彦の影響力は圧倒的だったんだけど、永井博も見事に「やられた」口らしいんだよね。
(2002/11/22/19:38)

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。